日向のへべす消費拡大プロジェクト会議


[経緯]

日向のへべす消費拡大プロジェクト会議は、平成22年4月26日に第1回目の会議を開催して設立されました。


それまで、へべすの振興はJA日向に「新平兵衛酢振興対策事業補助金」を交付することで、へべすに関する広告、販売促進活動、新商品開発等の事業を展開してきました。しかしながら、へべすに関する長年の取り組みに対して、全国的にまだまだ知名度が不足しており、消費拡大になっていないのが実情です。


そのため、市が活動の中心となり、今までJAが担っていた販売促進事業等を市が直営で行ための組織作りとしてプロジェクト会議を発足しました。


この会議は、市をはじめJA日向、県(南部普及センター)、へべす生産者の代表者で構成し、その他関係機関(県食品開発センター等)からの助言を受けて活動を行うこととしています。


当初の活動内容は、会議員を含めた関係者による連携構築のための協議や研修を行うこと、新商品開発のための試作品開発、PRのためのイベント、展示会等への出展や商談会へ参加すること、物流業界の調査研究を行うことを基本とした活動を行うことにしていました。


ただし、平成22年度は口蹄疫の影響でへべす生果のシーズンに十分な活動ができず、不本意な年となりました。翌23年度から本格的な活動を開始し、各種イベント・物産展等に出展するとともに、日向のへべす大使と(日本料理魚忠)密に連携しながら加工品開発にも取り組みました。


24年度は、ポスターやリーフレットを作成しました。また、横断幕やのぼりも作成してイベントで活用しています。イベント時にはへべすTシャツを着用して、会議員自らが広告塔の役割を果たしました。民放ラジオでもCM等を流しました。今後は、県内企業とのマッチング会に参加するなど、へべす絞り果汁の利用促進の道を模索しながら、年間を通して「へべす」のことばやイメージが定着されるような取り組みを展開していきたいと思います。そして、今年度は生産園地や生産量の把握を行うための園地調査を実施することとし、これにより、年間へべす生産量をもとにした商談・売り込みが可能となります。今後のへべすの増産計画にも役立てられます。


来年度以降は、今年以上にマスメディアを活用した情報発信や広告宣伝を行うとともに、生産者自ら県内・県外、特に南九州を中心とした地域に赴いての店頭販売等を行うなど、へべすを売り込みたいと考えています。あわせて、日向のへべす大使とともに新たな商品の開発を進めていきたいと思います。地元においては、生産者自らが六次産業化を目指した1次加工品作りに向けた話を行っており、初の生産者部会による加工品製造が期待されます。


以上、日向のへべすプロジェクト会議では、中長期的な視野を持ちながら2年3年後には、ある程度の成果出さなければいけないという覚悟のもと活動を展開していきます。そのためには、プロジェクト会議における活動方針をきちんと立案し、会議員総意を統一して消費拡大のための取り組みを行うべきだと考えています。